オッドタクシー、見ましたか?昨今まれに見るクオリティをもった良作でしたね。

你看過《奇巧計程車》嗎?是最近看過的質量比較高的好作品呢。

何故こんなにも面白い作品が出てきたのか?今回はその作品の背景に解説。

那麼是如何做出那麼有趣的作品的呢?這次就來分析一下這部作品的背景。

まず、オッドタクシーはなぜ面白いのか?

首先,《奇巧計程車》為何有趣?

それはもちろん、腳本がよくて演出がよくて、キャラデザインがとっつきやすく、提供される楽曲は親しみやすく、會話は小気味よく、とにもかくにもトータルで高品質だったからです──などと言ってしまうと身も蓋もありませんけどね。

當然,劇本、導演自不必説都是好的,角色設計也很容易給人留下印象,配樂也非常有親和力,對白令人心情舒暢,總而言之是一部整體高品質的作品——但要是直接這麼説的話,就太煞風景了。

すべての要素は、間違いなく高度に噛み合っていましたが、重要なのは、それが、ワンクールのアニメーションで提供された、ということの方だと思っています。

所有要素都是高度配合,相輔相成的,但最重要的是出現在同一個週期的動畫片裏。

客観的に見て、オッドタクシーの腳本というのは、子供向けではありませんよね。少なくともハイティーン以上で、なんなら中高年層もターゲットに入れうる幅の広さを保っています。で、本來、こういう作風というのは、昔はTVドラマの獨壇場だったわけですよ。

從客觀上來説,《奇巧計程車》的劇本不適合孩子觀看。至少是面對青少年以上的年齡層,必要的話,將中老年都作為目標羣體,保障受眾的廣泛性。而原本這樣風格的作品,過去是電視劇方面獨佔的舞台。

かつてアニメーションというのは完全に子供向けであり、子供だましであり、ドラマや映畫の実寫のほうは、大人を騙して──楽しませるための作品が溢れていました。

過去的動畫片完全是面向孩子的,哄娃的作品居多,而電視劇、電影等由真人演出的,大多是取樂於成年人的作品。

しかしオッドタクシーは子供向けではない、構造的で面白いドラマです。オッドタクシーのドラマの腳本というのは、「実寫より」の、丁寧な構成です。ワンクールを通して、各話にキャラクターを配置し、伏線を張り、それらを丁寧に回収していく。

然而,《奇巧計程車》卻是一部並非面向孩童的,結構層次意味深長的電視劇作品。《奇巧計程車》的劇本比“真人版”的結構更細緻。通過完整的故事情節,在每一集中設置角色,鋪下伏筆,再一點一點地揭露回收。

こういう重層的な物語構造をちゃんとやっているアニメというと、過去においてはまどマギとか、中村かずき腳本の作品とか、最近だと體操ザムライとか、あとは連載ものなのになぜか重層的やれてしまっている進撃の巨人とかあるんですけど、アニメだとどちらかというと稀です。

像這樣具有多層結構故事的動畫作品,過去有まどマギ、中村かずき編劇的作品。最近的話,有《體操武士》,還有明明是連載卻擁有多層結構的《進擊 的 巨人》等,不管怎麼説,都是比較少見的。

それは、そういう作品が求められていなかったから&ちょっと通常とは違うスキルが求められたからというのがあります。で、舊來でいうと、こういう重層的でかつ社會性もあるお話はTVドラマの仕事だったりしたのです。

那是因為這類作品並不被需要,或是要求與一般作品不同的技術。而在以往,這樣多層結構且具有社會性意義的故事,大多是由電視劇來承擔的工作。

ですが、TVでは久しく、こういった物語はつくられなくなってきています。最近は刑事モノか戀愛モノか、コミック&小説スピンオフのミステリかというくらい。ありものを加工する流れですね。オリジナルはずいぶんと減ってきている。

然而,電視台卻已經很久沒有製作像這樣的作品了。最近大多是刑偵劇、戀愛故事,要麼就是喜劇或小説續集的懸疑推理劇罷了。不過是加工了一下已有的作品,而原創作品卻大幅度減少了。

さて、なぜTVで良質なオリジナルドラマが作られなくなったのか?

那麼,為何電視台不再製作優秀的原創作品了呢?

TVでちゃんとドラマを作るというのは、アニメと同じかそれ以上にお金がかかるものなんですが、昨今はTV局が弱っているので、チャレンジ精神溢れるものが作れないんですよね。

電視台要製作好的電視劇,和動畫片一樣,需要花費大量的資金。而最近,電視台疲軟不振,已經無法制作充滿挑戰的作品了。

それにTV局というのは、予算以上に面倒くさい話があります。それは、どのタレントを使ってドラマをつくるのか? という話です。

還有,對於電視台來説,還有比預算更麻煩的問題。比如,要請哪一位藝人來拍呢?

実寫ドラマのキャスティングというのは、出資者とスポンサーに絡む形で芸能事務所というのも強く関わってきます。これが、日本のドラマ製作を身重なものにしている側面があるんです。予算があれば、そういった狀況でもゴリ押して、ドラマを売り切ることが出來ましたが、今は強引なキャスティングに低予算だと、滑った時の局のダメージがでかい。

真人版電視劇的選角,是與投資方、贊助商聯通,並與藝人事務所息息相關的。這也是日本電視劇製作所揹負的重大包袱。如果有預算,那麼這種情況還可掌控,電視劇也能走紅,但如果現在用低預算勉強湊角色,那麼遭遇滑鐵盧時,對電視台的打擊是非常巨大的。

だから、実寫ドラマではオリジナル作品や野心的・実験的作品のチャレンジがしづらい、という狀況があります。

因而,真人版電視劇就很難去挑戰原創作品或野心勃勃的實驗性作品。

ところがアニメーションだと、キャスティングの制約が低く、さらにお金がかかる舞台設定にも自由度があります。オッドタクシーのラストで高速道路から海にタクシーが落ちますが、あんなものTVだと、許可も大変ですしお金もかかりすぎて撮影できないですからね(なお、昔はたぶんやれていました。西部警察とかね)。

於是,如果是動畫片製作,那麼在演員方面的制約就會降低,而在需要花錢的舞台設定上自由度也更高。《奇巧計程車》最後的鏡頭,計程車從高速道路上掉入海里,如果是電視劇拍攝的話,要獲取批准恐怕就不容易,而且資金成本高,基本就沒法拍了(不過以前還是拍過很多的,比如《西部警察》啥的。)

つまりは、日本においてはメディアの構造上の話から、良質な大人も楽しめるドラマが──というか良質な映像作品を創りたいクリエイターが、アニメーションに流れてくるというのは、必然の流れ友言えます。

換言之,從日本的媒體組織結構,到優秀的成年人也能享受的電視劇——想要創作這一類優質影視作品的創作者,可謂必然要走向動畫片製作的。

ええ、クリエイターはいるんですよ。今も昔も。そして市場の構造変換が昨今起こっている。世代交代も進んでいる。

無論如何,創作者們依舊存在,不管現在還是過去。而最近的市場機構發生了變化,時代也不斷在新老交替。

昨今の日本においては、急激に実寫の市場はシュリンクし、アニメーション方面は逆にマネタイズのチャンネルが増えている。ようするに、幅広いコンテンツが提供できる環境が、アニメーションの側にも揃ってきているのですよね。それもあって、TVというジャンルに拘泥する必要がない。そういう環境においてオッドタクシーというのがポッとでてきた。

在當下的日本,真人版市場急速萎縮,動畫片方面反而還增加了收費頻道。總而言之,動畫片市場已經具備了能夠提供廣泛內容的環境。那麼,其實就沒必要拘泥於電視劇這一範疇。在這樣的背景下,才誕生了《奇巧計程車》。

さらにこの作品は一つの成功例を示しものになっています。これは本當に素晴らしい結果だったなと思うのです。これを皮切りにして、今後もさらなる良質なアニメ発のドラマの発生が予想されます。

而這部作品,已然作為一個成功的案例展示於人。我覺得這真的是一個非常好的事情。以此為開端,預計今後將會出現更多優秀的電視劇類型的動畫片。

本翻譯為滬江日語原創,轉載請註明出處。